『そういえば、あれっていつだっけ?』の答えとプラスアルファの情報をお届けするウェブマガジン

あれいつ.com

2017年、雛人形を飾る時期はいつからいつまで?飾る向き、方角は?

投稿日:2016年12月13日 更新日:

Pocket

3月3日はひな祭りです。ひな祭りに飾る雛人形には、飾る方角があるのをご存知ですか?いつからいつまで飾ったらいいのかも悩みますよね。今回は雛人形について、2017年のいつからいつまで飾るのか、飾る向きなどについて解説します。

関連記事:ひな祭りの由来 実は女の子のお祝いではなかった!
関連記事:ひな祭りの歌 歌詞の意味や間違いが切ない・・・

【スポンサードリンク】

雛人形を飾る時期はいつからいつまで?

雛人形は、昔「上巳の節句」の際に、草や藁で作った人形で体を撫でて、穢れを移したものを川に流すことで厄払いをする行事と、貴族階級の女児の遊びで、紙の人形のおままごと「ひいな遊び」が合わさって生まれたといわれています。子供の身代わりとなり事故や病気から守ってくれて、健やかで幸せな成長を祝うために飾るとされています。

雛人形を飾る時期は、節分の翌日(立春)から雨水の日あたりまでの大安に飾り始めると良いといわれています。
つまり、2017年は2月4日(土)から2月19日(金)あたりまでが飾り始めに良い日ということになります。

立春から飾る意味は、昔から季節の節目である節分に豆まきで厄払いをし、清めた後に、雛人形を飾って春を迎えていた為といわれています。地方によっては雨水の日に飾ると「良い伴侶に恵まれる」といわれているようですので、2月19日(金)に飾るのがベストかもしれませんね。ひな祭りの前日や当日に飾るのは「一夜飾り」になり、雛人形に対し失礼にあたるといわれているので、避けたほうがいいかもしれません。

片付ける日は、ひな祭りが終わってから2週間以内の晴れた日に片付けると良いといわれています。晴れた日に片付ける理由は、雛人形はお雛様、お内裏様などが着ている着物が絹で出来ている物が多いので、湿気が大敵です。ですから湿度の低い晴れた日に片付けるようにしましょう。

ちなみに、よく「出すときは簡単だったのに、片付けるときに入れ方がわからなくなってしまい、うまく箱に入らない」といった事があるようです。そんなときは出す前に箱に入ってある状態で写真を撮っておくと片付けるときに迷うこともありません。

【スポンサードリンク】

雛人形を飾る向き、方角は?

雛人形を飾る向きや方角は、「南向きか東向きがよい」とよくいわれています。

これは「天子は南面し、臣下は北面す」という故事にあるように、南は君主が向く方角とされています。また東は太陽が昇る方角で、1日が始まる方角とし「勢いが良い」とされており、この事から神棚は南向き・東向きに置くのが一般的とされています。「天皇、皇后」の意味を持つ雛人形も神棚と同じ意味で南向きか東向きに飾られるようになったようです。

ですが雛人形は「厄払い」の人形のため、そんなに方角は意識しなくても良いようです。雛人形の劣化を防ぐために、エアコン・ヒーターなどの風が直接当たる場所や、直射日光のあたる場所や、湿気の溜まる場所はさけた方がよいでしょう。日当たりが良く、たくさんの人の目に留まる場所に飾りましょう。小さいお子さんがいらっしゃる家庭では、細かい飾りなども多いので手の届かない場所に飾るようにしましょう。

まとめ

雛人形を飾る時期や向き、方角についてご紹介しましたが、いつからいつまでかは2017年は2月19(金)から飾り始めて、3月17日(金)までに片付けるのがいいようです。「片付けるのが遅れると婚期が遅れる」などという話は迷信のようですが、縁起物ですので今まで気にしていなかったご家庭も、2017年のひな祭りは「良い日」といわれる時期に飾ってみてはいかがでしょうか?

以上、「2017年、雛人形を飾る時期はいつからいつまで?飾る向き、方角は?」でした。

関連記事:ひな祭りの由来 実は女の子のお祝いではなかった!
関連記事:ひな祭りの歌 歌詞の意味や間違いが切ない・・・

Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-3月, 日本の行事
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© あれいつ.com , 2017 AllRights Reserved.