『そういえば、あれっていつだっけ?』の答えとプラスアルファの情報をお届けするウェブマガジン

あれいつ.com

祇園祭2017 日程はいつ?歩行者天国、交通規制情報も紹介

投稿日:

Pocket

祇園祭といえば京都の夏の代名詞ともいえるお祭りですね。

葵祭・時代祭と並んで京都三大祭の一つに数えられるほか、日本三大祭など様々な三大祭りの一つに数えられています。その人気は高く、日本全国からだけでなく海外からも多くの観光客が訪れます。

今回は2017年の祇園祭の日程、期間中の歩行者天国と交通規制の情報についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

祇園祭2017の日程

祇園祭は八坂神社(祇園社)の祭礼です。平安時代前期に疫病の流行が続き、富士山の噴火や東北地方での地震による津波でも多くの犠牲が出たことから、それらの犠牲者の怨霊を鎮め、災厄を祓う御霊会を執り行ったことが始まりとされています。

およそ1,000年以上続く祇園祭は、7月1日から31日まで1ヶ月にわたってさまざまな神事・行事が執り行われます。
京都市観光協会によると、主な行事は下のようになっています。

[吉符入]7月1日~[くじ取式]7月2日
[お迎え提灯]7月10日
[神輿洗]7月10日
[前祭 鉾建て]7月10日~11日[前祭 山建て]7月11日~14日:各町で巡行の山鉾が収蔵庫から出されて組立てられる
[長刀鉾稚児社参]7月13日
[前祭(さきまつり)宵山]7月14日~16日:各山鉾では夜、提灯に明かりが灯され祇園囃子が奏でられる
[山鉾巡行・前祭巡行]7月17日:9時四条烏丸出発、23基の山鉾。四条河原町→河原町御池を巡り、新町御池に11時20分到着する
[神幸祭]7月17日
[後祭(あとまつり) 山鉾建て]7月18日~21日:後祭の山鉾10基の組み立てが行われる
[後祭 宵山]7月21日~23日:山鉾が建てられている町内は車両通行止め
[山鉾巡行・後祭巡行]7月24日:9時30分烏丸御池出発、10基の山鉾。河原町御池、四条河原町を巡り四条烏丸に11時20分に到着する
[花傘巡行]7月24日
[還幸祭]7月24日
[神輿洗]7月28日

1ヶ月間の祇園祭の中で一番の見どころは前祭の17日と後祭の24日の山鉾巡行です。


山鉾とは、他の地域の祭りでは山車(だし)と言われています。台の上に家を作り、鉾や長刀などを飾ったものです。山鉾には囃子方が乗り祇園ばやしを奏でるものや、日本や中国の逸話や偉人などを題材にしたものなどがあります。
山鉾行事は国の重要無形民俗文化財に指定されているほか、2016年にはユネスコの無形文化遺産に登録されました。

【スポンサードリンク】

祇園祭2017 歩行者天国のスケジュール

祇園祭の一番の見どころは山鉾巡行ですが、その前々日・前日も多くの人出で賑わいます。

前々日の15日を宵々山、前日の16日を宵山といい山鉾の前後に駒形提灯が取り付けられ、夜になると明かりが灯り“コンチキチン”という特有の祇園囃子が奏でられます。

各山鉾町ではこの2日間、昼間から所蔵する宝物を無料で公開します。中には重要文化財の16世紀にベルギーで作られたタペストリーを展示するところもあり、多くの人が訪れます。

その他にも各山鉾町で伝統行事も行われますが、祇園祭ではこの2日間だけ露店(屋台)が出て、一部区間は歩行者天国となります。時間と区間については例年、下記のようになっています。

〇祇園祭の歩行者天国
日程:2017年7月15日(土)、16日(日)
時間:18時~23時
区間:四条通、烏丸通周辺

祇園祭は例年180万人以上が訪れますが、そのうち宵山期間だけで80万人近くもの人出となります。2017年の宵々山と宵山は土日なのでより多くの人で賑わいそうですね。

なお、後祭にも山鉾巡行はありますが、こちらの宵山は一部交通規制が入るものの歩行者天国はなく露店も出ません。

祇園祭2017 交通規制情報

祇園祭では前祭の鉾建てが始まる7月10日から後祭の巡行までを含めた7月25日まで、四条通周辺で期間中終日の交通規制が実施されます。詳しい区間は下記です。

※2016年の情報をもとにしています。2017年は開催が近くなると京都府警のホームページで正式に発表されます。

〇車両通行止め
10日から:室町通の錦小路-四条
11日から:新町通の錦小路-四条、新町通の綾小路-高辻
12日から:室町通の蛸薬師-錦小路、東洞院通の高辻-松原
13日から:室町通の綾小路-仏光寺、新町通の四条-綾小路、油小路通の綾小路-高辻、錦小路通の烏丸-新町、綾小路通の室町-油小路、仏光寺通の西洞院-醒ヶ井

〇一方通行
10日から:室町通の四条-綾小路の北行禁止
13日から:綾小路通の烏丸-室町の西行禁止、西洞院通りの蛸薬師-四条の北行禁止

まとめ

最後に2016年、山鉾巡行の様子です。

京都の夏の風物詩、祇園祭は1,000年以上続く由緒あるお祭りです。

特に山鉾巡行とその宵宮は日本国内だけでなく、海外からも多くの観光客が訪れます。
祇園祭が最も盛り上がる宵山や山鉾巡行の頃は梅雨明けする時期と重なります。夏の京都は盆地特有の気候でとても蒸し暑いので、熱中症にならないように水分補給など注意してお出かけくださいね。

以上、「祇園祭2017 日程はいつ?歩行者天国、交通規制情報も紹介」でした。

Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-7月, 地域の行事
-, , , , , , , , ,

Copyright© あれいつ.com , 2017 AllRights Reserved.