『そういえば、あれっていつだっけ?』の答えとプラスアルファの情報をお届けするウェブマガジン

あれいつ.com

横浜開港祭2017 花火やパレードの日程はいつ?時間帯や場所【映像有り】

投稿日:2017年2月19日 更新日:

Pocket

横浜開港祭は6月上旬に開催される、横浜港の開港を記念したお祭りです。36回目となる今年は、6月2日(金)・3日(土)の2日間で行われます。今回は横浜開港祭2017の花火とパレードについて、日程や時間、場所とともに見どころをご紹介していきます。

【スポンサードリンク】

横浜開港祭2017 花火の日程、時間帯、場所情報

横浜開港祭の花火「ビームスペクタクルinハーバー」は、毎年祭りの最終日に開催されます。公式発表はまだですが、2017年の花火は以下の日程になると思います。

日にち:6月3日(土)
時間帯:19時20分~ (花火の打ち上げ時間は、30分~40分程度です)
開催場所:臨港パーク
*基本的には雨天決行ですが、荒天の場合には中止となることがあります。

6月のはじめという早い時期に見られる花火になっています。
横浜開港祭の花火の特徴は、レーザービームと音楽による演出です。5、6000発の花火に光と音楽が合わさった、華やかで迫力あるショーになっています。

花火のみを楽しむ場合には、山下公園や港の見える丘公園など、少し離れた場所からでも見ることができますが、横浜開港祭の花火ならではの演出を見逃してしまうことになります。混雑はしていますが、やはり臨港パーク内の会場で、正面から見ることをおすすめします。

このほかに、横浜マリンタワーからであれば、横浜の夜景とともに花火を楽しむことができます。

(横浜開港祭 花火の様子)

【スポンサードリンク】

横浜開港祭2017 日程、パレードの場所、時間帯

横浜開港祭では、横浜港で活動している船が集まってパレードが開催されます。日にちと場所は以下の通りです。

日にち:6月3日(土)
時間帯:13時15分~14時45分頃 ※変更になる可能性があります
場所:臨港パーク前海上

開催時間は度々変更されているため、2016年と同じであれば13時15分~14時45分頃となります。

この「官公庁艇パレード」では毎年、横浜市消防局、横浜水上警察、海上自衛隊などの船が15艇ほど集まります。パレードの内容は、海難救助の公開訓練や放水パレードなどです。
これほどの数の船を一度に見られる機会はなかなかありませんので、横浜開港祭に行くのであればぜひ見たいところですね。

2016年の横浜開港祭では、全国各地のゆるキャラたちが参加した「横浜開港祭パレード」も催されました。今年の横浜開港祭でも、このようなパレードが開催されるかもしれませんね。

(官公庁艇パレードの様子)

まとめ

ここまで、「ビームスペクタクルinハーバー」と「官公庁艇パレード」についてご紹介してきましたが、横浜開港祭の見どころはこれだけではありません。

豪華ゲストが参加する開港祭スペシャルLIVEや、公官庁音楽隊LIVEステージ、小中高生が対象となるダンスコンテストなど、ステージイベントも大変盛り上がります。子供も楽しめる体験イベントや、グルメなども豊富にありますので、恋人・友人・ご家族と横浜開港祭を楽しんでくださいね!

以上、「横浜開港祭2017 花火やパレードの日程はいつ?時間帯や場所」でした。

関連記事:横浜開港祭2017の日程 花火の穴場や屋台情報や交通規制を解説!【映像入り】

関連記事:2017年、横浜開港祭の親善大使の倍率や応募方法!【映像有り】

Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-6月, 地域の行事
-, , , , , , , , , ,

Copyright© あれいつ.com , 2017 AllRights Reserved.